« 05月17日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 05月24日のココロ日記(BlogPet) »

これからはアニメに出れば売れるなんて事は無い

Business Media 誠:誠 Weekly Access Top10(2009年5月9日〜5月15日):自動車業界はアニメを作るべき

 近く、最近デリバリーが始まった新型車で増車するのですが、仕事帰りにディーラーに寄ったら私の分はまだ先らしくつД`)

 さて、ブラスレイターのゲルト・フレンツェンに憧れて大型二輪デビューした経験から言って、

ドラマのタイアップのように広告を意図したアニメを作っても面白いのではないだろうか。


 面白いだけで売り上げ向上の効果は望めないと思います。なぜなら、
自動車があるとこんなに楽しいことができるんだよという体験を前面に打ち出せば面白いのではないだろうか。

 が現在成立し得なくなっているから。自動車は所有しなくても利用できるし、自動車によってもたらされる楽しみよりも、自動車を所有することによって失う物の方が大きいと言うのが現代の価値観になっているのではないでしょうか。

 アニメを見て、あるいは他者の行動に基づいて高額商品を購入する際の心理状態は、『可愛いあの子が使っていたから』とか、『カッコイイあの人が乗っていたから』という、かなり単純で衝動的なのもなのではないでしょうか。
 澪ホンや澪ベースが売れたのは作詞が楽しそうに見えたり、バンド活動がカッコ良かったからではないように思えるのです。むしろあれはタダのキャラ萌え(ぉ

 深夜アニメに熱中している層には、今まで行かなかった場所に行くとか、今までやったことがないことをするとか、恐怖の方が期待よりも強いと思うのです。楽器やヘッドフォンが売れたとして、楽器のレッスンを受ける人が増えたり、高級プレイヤーや、高級プレイヤーが必要な高品位な音源の売り上げが増えたという話も聞きません(これはあれば是非聞きたい物です。情報求む)。バンドやるならわざわざヴィンテージ機種の、それも左利き用を買う必要はないし、ピュアオーディオならAKGでなくても良いのに、聞こえるのは澪ベースと澪ホンが品切れな話ばかり(これもあればry)。
 さらに、自動車はイニシャルコストだけで楽器の十倍はします。さらに維持費も高い。
 カーライフのアニメを作っても自動車ブームはこないと思われます。バンド活動のアニメがヒットしてもバンドブームは来てませんし(少なくともまだ来てない)、オーディオブームも来ていません。今の現象は、規模が大きいだけのタダのキャラ萌え&付随して特定の機種だけが売れているだけかと。

 あと、

著作権の縛りを緩くしたりすると、視聴者がパロディを作って宣伝してくれる可能性もある。

 なんて上から目線で他力本願で営利主義に走ってたら二次創作は期待できないかと。二次創作は、たとえ禁じられていても作りたいと思われれば作られてしまう物です。地デジカとかw

 車を魅力的に描くアニメを作るよりも、車に乗る魅力的なキャラクターが登場するアニメを作れば、あるいは違う結果が訪れるかもしれません。ココで描くべきは車の魅力ではなくキャラの魅力です。そのキャラがたまたま自動車を頻繁に運転しているだけ程度にとどめるのが良いでしょう。

 しかし、黒髪ストレートロングで前髪ぱっつんで外見が美人系なのに痛い話と怖い話が苦手な泣き虫さんで友達思いな上に生真面目で正しい意味のツンデレ傾向な上に隠れ巨乳ってどんだけ萌え要素重装備ですかw

|

« 05月17日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 05月24日のココロ日記(BlogPet) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

カーライフアニメを作ったところで、アパレルやプラモがそこそこ売れて終了でしょうかね。
中所得層に手が届く価格じゃないとね。

けいおんは、京アニ流のでっかい釣り餌だと思ってます(w
もしかしたらスタッフがAmazon利用してインサイダーまがいの中古売買やってる可能性も。

投稿: くらこむ | 2009年5月21日 (木) 04:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173884/45058821

この記事へのトラックバック一覧です: これからはアニメに出れば売れるなんて事は無い:

« 05月17日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 05月24日のココロ日記(BlogPet) »