« 作家 アーサー C. クラーク氏、死去 | トップページ | はね »

”準児童ポルノ”について財団法人日本ユニセフ協会に公開質問状が出される

「準児童ポルノの根拠は」──MIAUがユニセフ協会に公開質問 - ITmedia News

 なぜ未成年者の人権保護に質問が必要なのかは、この辺とかこの辺とか参照。

 問題なのは財団法人日本ユニセフ協会が国連の下部組織ではないからではなくて、彼らの言い分が穴だらけに見えるからな訳です。
 日本語が不自由な方や、考えるのが苦手な方はこれを見るだけでも。

 個人的には、この記事の言い分に同意します。

 しかしそういうものは、何も児童ポルノ法をいじくらなくても、猥褻物陳列罪(刑法題第百七十五条 わいせつ物頒布等)で取り締まれる範囲である。店側もどっちみち18禁で売るわけだから、入店を年齢制限しているはずであり、その中で展示すれば済む話である。

|

« 作家 アーサー C. クラーク氏、死去 | トップページ | はね »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173884/40557912

この記事へのトラックバック一覧です: ”準児童ポルノ”について財団法人日本ユニセフ協会に公開質問状が出される:

« 作家 アーサー C. クラーク氏、死去 | トップページ | はね »