« 新作 | トップページ | 中国の技術は世界一アル »

日本語の用法が違います

特定アジアニュース: いまさらながら、民団新聞でも『嫌韓流』批評

「媚びる」とか「媚を売る」の意味は相手に気に入られるように迎合したりおもねるという事です。下手に出るのは事実ですが、上下は媚びる瞬間に発生するものです。
 よって、タクシーの運ちゃんの方が正しい用法です。もっとも、意見が違う相手を黙らせる一番手っ取り早い方法はこのような揚げ足取りなわけですが。

 さて、嫌日と反日という、外部に敵を作って内部の不満を逸らす事で成立している隣国は『お互いの見解や立場を尊重し、相手の身になってみる。その上で自らが主張すべき点はきちんと主張』していて、『友好関係は継続』されていると思っているのでしょうか。『隣国の立場を無視して神経を逆なでする言動を続けていることが、隣国にずっと不信感を抱かせてきた』のは、まさしくお互いさまなのでは?
「ガキがけんか売ってるだけ」と嗤うなら、子供相手にムキになるのは何故でしょう?

 ところで在韓邦人にはかの国での参政権は認められているんでしょうか?
 パクリは黙認されてるんでしょうか?
 ビザなし渡航で窃盗旅行にくる人はいるんでしょうか?

|

« 新作 | トップページ | 中国の技術は世界一アル »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173884/9550625

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語の用法が違います:

« 新作 | トップページ | 中国の技術は世界一アル »