« 隼 Live | トップページ | ホントは凄いぞニッポン »

受益者負担の原則

政府、道路特定財源を一般化へ!! | Response.

 税金は払った人に還元されるのが原則だと思っていたのですが、『受益者負担の原則』という専門用語があったんですね。年金もですが、税収増をこっそりやる前に、代議士の間引きとか、役人を上から順番に刈っていくとか、支出削減をきっちりやっていただきたい。
 コレを公約に掲げる政党にならちゃんと投票しますよ。

|

« 隼 Live | トップページ | ホントは凄いぞニッポン »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

受益者負担ってのは結構暴走しがちなコトバでもありまして、例えば酷いのだと身障者用の公共サービスを一般の市民が負担してどうこう~なんて文脈にも使われたりするケースを散見します。受難と受益は決して表裏じゃないんですけどねえ。
でもまあ道路特会の一般財源化に関しては対処療法として致し方ない部分が大きいかも。これまでだって恩恵被ってるのはドライバー&ライダーじゃなくて道路族やゼネコンだったわけだし。

投稿: ふたみ | 2005年11月 8日 (火) 20:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173884/9550513

この記事へのトラックバック一覧です: 受益者負担の原則:

« 隼 Live | トップページ | ホントは凄いぞニッポン »