« 国際化≒欧米のやり方 | トップページ | SDRにも付けられるか »

安全より大事なもの

Yahoo!ニュース - 共同通信 - 条件緩和する状況でない 牛肉輸入で農相

米国とカナダ産牛肉の安全性評価を審議している食品安全委員会の正式な答申を待って、政府は年内にも輸入再開に踏み切る見通しだ。

 再開しちゃうのかよ(;´Д`)

|

« 国際化≒欧米のやり方 | トップページ | SDRにも付けられるか »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんな牛食べられませんわね。

【牛に鶏糞】鶏糞への肉骨粉混入率を30%程度とFDA要官見積(=年間30万トン?)
http://blog.goo.ne.jp/infectionkei2/e/c35a71a82981c6c137518f281eb161c0

投稿: こんなの | 2005年11月 5日 (土) 06:48

 安全性を向上させる生産プロセスだとか、安全性をアピールする広告キャンペーンと言った営業努力ではなく、外交圧力でごり押しするのは米国の文化なのでしょうか(ォ

 こんなとこ見てると逆の意味で目が曇るかも(w
http://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/cat246361/index.html

 ファミレスでハンバーグ食ったりハンバーガー食ったりしたいですな。MOSはうまいけど高い……(;´Д`)

投稿: celestialblue | 2005年11月 5日 (土) 19:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173884/9550508

この記事へのトラックバック一覧です: 安全より大事なもの:

» やはりアメリカ産牛肉の輸入再開は延期すべきでないか。〜調子にのるなアメリカ〜 [40代の私にとっての最新情報・重要ニュース]
牛肉輸入再開、米の条件緩和要求に農相が難色 『中川農相は4日の閣議後会見で、米国が日本に牛肉の対日輸出条件を「生後30か月以下」に緩和するよう求めたことについて「正式な要請を受けたとしても『わかりました、検討します』とはとても言える状況にない」と述べ、....... [続きを読む]

受信: 2005年11月 5日 (土) 16:54

« 国際化≒欧米のやり方 | トップページ | SDRにも付けられるか »