« War of the Worlds | トップページ | V・ロッシ、来年もYAMAHAでMotoGP »

無駄かどうか、実際に見に行こう。

ITmedia ライフスタイル:頭の上のブラックホール?——JAXA相模原キャンパス一般公開

 首都圏在住の方、ちゃんと行きましたか? 日本の宇宙開発を監視する絶好の機会だったのですよ。

 相模原キャンパスに収まっているのは旧文部省宇宙科学研究所といいまして、前身は東大の研究部門の一つでした。なので、この一般公開で展示されていたものは大学の教授が研究室の教材として扱う規模に収まっています。
 旧文部省に吸収されたのは世界一線級の成果を出すようになったので、『宇宙開発をやってるのが大学の一部門というのは体裁が悪い』ということで国家機関の扱いに変えられたのです。変わったのは名前だけなので組織運営も大学の学部のそれに酷似しています。この辺は恐るべき旅路宇宙へのパスポート 2 M−V&H−IIAロケット取材日記に分かりやすく書かれています。そして、ここで開発された衛星はすべて研究のための実験衛星であり、『このやり方で成果が出せるかどうか』の実験のための衛星や探査機が、『ちゃんと上がって衛星や探査機を軌道に乗せられるかどうか』の実験のためのロケットで打ち上がられるのです。

『国家予算でできるかどうかも分からんことを試すな』というお怒りはごもっともではないのです。実験が成功して、世界一線級の成果が出るようになったので体裁のために国家機関になったのです。順番にご注意ください。

 そして上に挙げた二書は国産ロケットはなぜ墜ちるのかとともに宇宙開発反対派にこそ読んでいただきたい。何が悪くて、どんな問題があるから日本の宇宙開発は成果が上がらないのか、組織内部にまで切り込んで取材して書かれています。

|

« War of the Worlds | トップページ | V・ロッシ、来年もYAMAHAでMotoGP »

宇宙」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173884/9550428

この記事へのトラックバック一覧です: 無駄かどうか、実際に見に行こう。:

« War of the Worlds | トップページ | V・ロッシ、来年もYAMAHAでMotoGP »