« 野口宇宙飛行士搭乗のスペースシャトル「ディスカバリー号」(STS-114/国際宇宙ステーション組立再開ミッション(LF-1))の打上げ延期について | トップページ | 宇宙研一般公開 & ペンシルロケットフェスティバル開催 »

アメリカでは常識のダイエット方

宇宙作家クラブ ニュース掲示板

 No.897参照。
 celestialblueの英語学校時代の先生の一人が『この国には”カフェテリアの食事はマズくなければならない”という法律があるのよ』と笑えないジョークを飛ばしたことがあるのですが、どうやらこの法律は全米の大学だけでなく、宇宙機関にも当てはまるようです。

 celestialblueが通ってる大学の寮の食事は食器が陶磁器やプラスチックなど、再利用できるものに代わっただけで、内容物はこの写真のものと大して変わりません。

 アメリカに行ってみんなも痩せよう!
 これだけマズいと食に対する欲求が減退し、一日何食くいっぱぐれても『まいっか、どうせマズいんだから食えなくても』という考えが染み付きます。
 celestialblueは渡米最初の半年で10kg近く痩せました。

 効果絶大ですよ、アメリカ式ダイエット!

|

« 野口宇宙飛行士搭乗のスペースシャトル「ディスカバリー号」(STS-114/国際宇宙ステーション組立再開ミッション(LF-1))の打上げ延期について | トップページ | 宇宙研一般公開 & ペンシルロケットフェスティバル開催 »

宇宙」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173884/9550409

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカでは常識のダイエット方:

« 野口宇宙飛行士搭乗のスペースシャトル「ディスカバリー号」(STS-114/国際宇宙ステーション組立再開ミッション(LF-1))の打上げ延期について | トップページ | 宇宙研一般公開 & ペンシルロケットフェスティバル開催 »