« ひどい駆け込み、ケガは自己責任と車掌放送 | トップページ | 売る人の意見 »

恥を晒したのは誰か

F1Racing.jp 2005

 歴史に残るレース展開となりましたな。
 celestialblueは米国在住なのでフツーに起きて生中継見ましたが、荒れる観衆に実況陣は『米国のレースファンの恥だからお行儀よくしなさい』とか言い出す始末。

 一番悪いのはコースにあったタイヤを用意できなかったミシュランで、その次がレースを面白く、安全にすることではなく、レギュレーションを守ることのために動いた主催者でしょうな。

 もうF1は興奮するためではなく、叩かれるために開催されてますな。WRCもジャパンバッシングが再燃の気配ですし、FIAが最近ちょっとおかしい感じです。

|

« ひどい駆け込み、ケガは自己責任と車掌放送 | トップページ | 売る人の意見 »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

ニッポンの解説陣は、開始後間もなく座談会ムードになってました。ひどいレースだった……

投稿: くらこむ | 2005年6月22日 (水) 02:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173884/9550389

この記事へのトラックバック一覧です: 恥を晒したのは誰か:

« ひどい駆け込み、ケガは自己責任と車掌放送 | トップページ | 売る人の意見 »