« ゼイラム | トップページ | オリンパス、118億の最終赤字に デジカメ不振 »

ジャーナリズム

インフォシークニュース > トピックス > メディア > JR西事故で記者不適切発言、読売新聞が紙面で謝罪

 ”いかに真実を伝えるか”ではなく、”どこまで言いたいことを言うか”に本質がすり替わっているように見える昨今の日本のマスメディアですが、そろそろ報道にも資格制を採り入れた方が良いのではないかと思いませんか。

|

« ゼイラム | トップページ | オリンパス、118億の最終赤字に デジカメ不振 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173884/9550338

この記事へのトラックバック一覧です: ジャーナリズム:

» 社会正義という名の呪い [+ katariya blog +]
●<尼崎脱線事故>読売新聞が「罵声記者会見」でおわび掲載 →<ココ> ☆似非紳士の癒し系ポエムサイト☆ + katariya + [続きを読む]

受信: 2005年5月14日 (土) 15:15

« ゼイラム | トップページ | オリンパス、118億の最終赤字に デジカメ不振 »