« 同人フィギュア | トップページ | 正しい歴史認識 »

全ての人に、等しく法の保護を

街道をウロつく: <諌早干拓>国側逆転勝訴、工事差し止め取り消し 福岡高裁

 期末試験明けのグダグダで見過ごしてしまったネタを再発見。

 工事にまつわる利権を欲する一部の人のための”国営”事業なのは誰の目にも明らかなのですが、その極一部にも裁判を受ける権利を定めているのが今の憲法。
『工事と漁業資源破壊の関連性はあるかもしれないし、無いかもしれない』というのが今回の判決の要旨のように見えますが、それだったら工事差し止め命令云々ではなく、地方裁に差し戻しの方が妥当なのではないでしょうか。

 ”国営”事業だと”地元”民の反対では不充分だという事なのでしょうか。工事費用を出すのは地元の人だけでは無くなるわけですし。

|

« 同人フィギュア | トップページ | 正しい歴史認識 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173884/9550349

この記事へのトラックバック一覧です: 全ての人に、等しく法の保護を:

« 同人フィギュア | トップページ | 正しい歴史認識 »