« CNN.co.jp : 米東北部で流星群を飛行機事故と勘違いした通報多数 | トップページ | 徹夜しないと調子出ないんですよ »

モノ動きを説明するもの

車両の脱線
【専門家たちの謝った見解】福知山脱線事故@2ちゃんねる

 くらこむさんち経由で。2ちゃんのスレはスレタイに誤字があります(w
 このコメントの計算をきちんとすると、衝突時の運動エネルギーは鉄製で3.888*10の22乗ジュール、ステンレスで3.24*10の22乗ジュールになります(E=(m*V^2)/2)。

 水1gの温度を1℃上げるのに必要なエネルギーは4.184ジュールです。1ジュールあると水1gの温度を0.239006℃上昇させる事が出来ます。

 スレッド内の『重くて頑丈な車両の方が安全という考えはバカである』という論調は、この重い方が衝突時のエネルギーが大きいと言う事実と、電車にはエアバッグやシートベルトが無いという事実にもとづきます。

 重い車両の方がより大きなエネルギーで衝突するという事と、車両が頑丈で今回の事故のようにひしゃげなかったとすると、車両がひしゃげる事によって吸収されるはずだったエネルギーの分だけ乗客が放り出される事になるというわけです。乗用車のクラッシャブルゾーンの考え方ですね。
 車両がひしゃげない事のメリットは、救出と遺体回収がより容易になる事でしょう。ぺしゃんこになった事故車両の映像を見れば自然に思いつきそうな考え方ですが、それは『理系アレルギー』持ちの非専門家の考え方でもあるという事ですね。
 また、重い方が車輪をレールに押し付ける力がより大きく働き、車輪とレールの間に働く摩擦力が大きくなるのは事実です。ただし、一旦スリップしてしまえば重い事はデメリットにしかなりません。

 非常ブレーキを事故の原因とする考えは、自動車にABSがあった方がいいという考え方をもとにしているのでしょう。
 車輪がロックすると、ロックしない場合よりも減速させる力が小さくなります。動摩擦係数が静止摩擦係数より小さいためです。雪道やハイドロプレーニング現象でスリップすると思い通りに止まったり曲がったりできない事実をみれば納得できるでしょう。
 ただしこの場合、脱線よりもフランジ・レール接触面を支点にした転覆・横転が起こりやすくなります。フランジはレール上に持ちこたえている(正確には乗り上げようとしていない)のに、車両にはより大きな遠心力(正確にはカーブ接線方向の慣性力)が働くからです。

 事故車両の車輪と車軸の損傷を調査すれば脱線なのか転覆なのかを識別できると思われます。損傷が車輪の外周部の一カ所に集中していれば脱線で、多くの車輪が一様に横方向に歪んでいたり、車軸が曲がったり折れたりしていれば転覆かと。
 あとは枕木の状態ですか。枕木が轢かれていれば脱線で、轢かれてなければ横転かと。

 要するに、事故車両と現場の状況証拠をもっと集めなきゃならんという事ですな。
 運転手は生還したのでしょうか。

 台車の話は鋼鉄の熱処理に関する知識も必要ですね。材質工学ですよ(w

 あとは置き石(またはレール状の異物)がどう影響するかですか。

|

« CNN.co.jp : 米東北部で流星群を飛行機事故と勘違いした通報多数 | トップページ | 徹夜しないと調子出ないんですよ »

科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173884/9550314

この記事へのトラックバック一覧です: モノ動きを説明するもの:

« CNN.co.jp : 米東北部で流星群を飛行機事故と勘違いした通報多数 | トップページ | 徹夜しないと調子出ないんですよ »