« We Will Miss You... | トップページ | 施設公開きたー! »

足りないのは何か

YOMIURI ON-LINE

 社説にリンクを貼るのは初めてかも。


 どうも最近の日本の宇宙開発行政は、『先進国としてのお義理』として扱われている側面が強いように見受けられます。『先進国なんだから宇宙開発もやらなきゃ』と。
 結果として、杜撰経営で破綻した銀行の損失補填すらできないような予算でNASAやesaに比肩する成果を強要され、『そこをなんとかするのが科学技術だろう!』と無理難題を積み上げられて、今では全く身動きが取れていません。

『経済的に辛い今は少し休んで、改善されたら再開すれば良い』という向きもあるでしょう。そう言う人たちは、科学技術は常にどこかで進歩しているという事実を無視しています。10年休むと、再開後10年で休んでいない人々が10年前に到達した地点までしか追いつけません。10年休んで10年で追いつこうとすると、休んでいない人々が10年間に費やした人員と予算の2倍が必要になるのです。

『これから日本は未曾有の高齢化社会に突入する。社会福祉に力を割いた方が良い』という向きもあるでしょう。そう言う人たちは、”例え以前よりも少なくなったと入っても、常に新しい世代が産まれている”と言う事実を無視しています。定年後30年も生きない人々と、これから80年ほど生きる世代。それらの優先順位さえ付けられないと自らの浅はかさを晒しますか?

|

« We Will Miss You... | トップページ | 施設公開きたー! »

宇宙」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173884/9549682

この記事へのトラックバック一覧です: 足りないのは何か:

« We Will Miss You... | トップページ | 施設公開きたー! »