« 失われたもの | トップページ | 戦いは誰がために »

最大の効果を得るため、正しい用法を守ってお使い下さい

YOMIURI ON-LINE

 『情報収集衛星』が用意されたとき、確か北チョンがロケット飛翔体(先頭に何が積まれていたかは不明)を東向きに発射して、突き上げられた内閣が役所としては異例の早さで話し合いを始めるかどうかの話し合いを始めてから決定まで進んだわけですが、どうやら早過ぎたのではないかと言う意見を聞いた事があります。

 日本のように一国の脅威に備えるのであれば、地球上の一点を常に観測できる静止衛星軌道に一つ投入してバックアップを用意しておく(ここが重要。テストに出ます)のが最適なのですが、人工衛星というものがどう運用されるかを知らない代議士センセー達は、米軍などが複数セット用意して複合的に運用するものを一セットだけ、ほかの打ち上げスケジュールに割り込ませて投入しました。
 急ごしらえだったので性能的にも満足いくものではない事も、打ち上げ前から指摘されていました。

 その後(軌道投入直後)、情報管理の杜撰さから、世界的に機密とせねばならない(重要。ここもテストに出ます)軌道要素を隠さなかったため、他国の情報機関どころかアマチュア天文家にまで衛星を追跡されてしまうというていたらく。

 よくわかっていない人が、不景気でとにかく受注したいセールスマンに捕まり、無茶な仕様に振り回されたエンジニアが作ったものを買わされてみんなが不幸になると言う、IT業界みたいなお話ですな。

|

« 失われたもの | トップページ | 戦いは誰がために »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173884/9549711

この記事へのトラックバック一覧です: 最大の効果を得るため、正しい用法を守ってお使い下さい:

« 失われたもの | トップページ | 戦いは誰がために »