« 集会の自由 | トップページ | 優秀な人材を沢山 »

国益のために≒国民のために

YOMIURI ON-LINE

 人質を取られて撤退してしまった事ではなく、一度は派兵しながらも撤退してしまった事が問題なのかもしれません。人質くらいですごすご引き下がるくらいなら、『国民を危険に晒す事はできない』と断言して雰囲気に流されるのを最初から拒否すれば良かったのでは。

 そんなわけで一旦自衛隊を派遣して、人質を取られた後も居残るだけ居残らせる決断をした純一郎くんは、『口先だけ』がモットーの彼の言動としては例外的に初志貫徹したのでしょう。初志から間違っていた可能性は別としてですが。

|

« 集会の自由 | トップページ | 優秀な人材を沢山 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173884/9549597

この記事へのトラックバック一覧です: 国益のために≒国民のために:

« 集会の自由 | トップページ | 優秀な人材を沢山 »