« 憂さ晴らしは程々に | トップページ | 立憲君主制 »

ミスさせるためのシステム

text
text
text
ロイター通信

 役所仕事や事務仕事、それもお金や資格がからむ制度には、

・仕組みを作った人全員が可能な限り多く利益を得られる事
・問題が起こり、それが隠蔽しきれないほど悪化した場合に、表沙汰になる前までに責任の所在を曖昧にする事
・問い合わせや抗議をたらい回し、または突っぱね続ける事によって相手に断念させる
・条件、規則を可能な限り分かりにくく回りくどく記述し、言い値で利益を回収する

 の四つの役割があります。
 今回は、四つめに自らはまり込んだのでしょうか。

 再発防止策もですが、横領や着服を防ぐ仕組みも必要です。望み薄ですが。

|

« 憂さ晴らしは程々に | トップページ | 立憲君主制 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 憂さ晴らしは程々に | トップページ | 立憲君主制 »