« 紙メディア | トップページ | さっさと始めようぜ! »

天然よりも遺伝子組み換えの方が安全です

WIRED

 このBlogの中の人を知っている人は、celestialblueがとても小柄な事をご存知でしょう。
 はい、celestialblueは下垂体性小人症でした。成長期に、文字通り見る見るうちに体を成長させるはずの成長ホルモンが分泌されず、『正常に』体が成長しない『病気』です。
 で、内側から供給されないものを補うために、外側から補給しました。ヒト成長ホルモン製剤です。

 この記事の見出しを見た瞬間に背筋が凍りました。
 全部読んで胸を撫で下ろしましたが。

 celestialblueが使っていたのは、大腸菌を遺伝子組み替えして製剤したジェノトロピンです。
 少用量とはいえ、毎晩皮下注射するのは苦痛でしたねぇ。

|

« 紙メディア | トップページ | さっさと始めようぜ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。