« Appleの対面修理サービス、終了へ | トップページ | 世界最良のリーダーになるために »

世界ラリー選手権、地上波TVでカバーへ

中日新聞

 おすすめ。F1や去年までのMotoGPのように、誰が勝つかが一年を通して分かり切っていたりしないので、純粋に楽しむ事が出来ます。

 問題は、同時にスタートして抜きつ抜かれつするスプリントレースではないので、公式サイトなどでリアルタイムに計時を見てないと手に汗握れない事でしょうか。
 特に応援しているチームやドライバーがいなければ、閉鎖されているとはいえ未舗装がほとんどの公道を、ロードカーの面影を強く残した箱っぽい車がレースカーのスピードで駆け抜けて行く光景を純粋に楽しむ事が出来るでしょう。

 決して真似しないように。
 真似して死なずに走りきれるような人は、ワークスチームに連絡してドライバーオーディションを受けてみる事をお進めしますが(笑爆)

|

« Appleの対面修理サービス、終了へ | トップページ | 世界最良のリーダーになるために »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Appleの対面修理サービス、終了へ | トップページ | 世界最良のリーダーになるために »