« 魔眼の星 | トップページ | メガゾーン23(違) »

地球外地形、変わる

JPLプレスリリースイメージ

 地球時間2月6日、火星着陸後34火星日目、地球外の地形が初めて人工的に変わりました。
 スピリットローバーの45.5mm径グラインダーによって、Adirondackと名付けられた火星の岩が2.65mmの深さまで削り取られました。この後、火星大気に触れなかった火星岩石の組成調査が行われます。

 このグラインダーは、ニューヨーク州New York、Honeybee Robotics社によって二つのローバーのロボットアームの先に取り付けられています。

|

« 魔眼の星 | トップページ | メガゾーン23(違) »

宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 魔眼の星 | トップページ | メガゾーン23(違) »