« 近くしか見れない | トップページ | 危機管理 »

詐欺にご注意

ITmedia

 タイムリーと言うか、つい先ほど引っかかりそうになったので。

 celestialblueは米国でEarthlinkというプロバイダを使っています。留学初期に取得したアカウントで、当時はまだ米国内ではダイアルアップが普通で、ISDNは米国内には知っている人はほとんどいない状況だったと思います。
 日本との連絡用に取得したアカウントでしたが、大学の寮が校内LANに接続され、まれにシステムダウンするものの割と速いスピードで常時接続されるようになり、Earthlinkは主にメールマガジンの購読や一部のオンラインショッピングなどに使うようになっていました。
 celestialblueの古くからの知り合いは、本名をもじったアドレスを見かけた事があるでしょう。
 現在の業務用メールアドレスは、主にmac.comのアカウントを使っています。

 で、つい先ほどそのアドレスにメールが届きました。from欄には"Earthlink <verificaton-confirm@earthlink.net>"とあり、一見するとプロバイダのスタッフからのメールに見えます。
 実はEarthlink、案内メールにHTMLメールをよこす困ったちゃんなプロバイダです。今時HTMLメールをレンダリングできないメーラの方が珍しいとはいえ、個人情報やセキュリティに鋭敏であるはずのインターネットプロバイダと言う組織が、HTMLメールの危険性を知らないはずは無いのですがそれはさておき。
 それでもWWWで仕事をする会社なので、とりあえずリンク切れや不完全なソースで書かれる事は無かったのです。意識はともかく、見た目がおかしいメールはよこさない会社です。

 それが今回に限って、『<rnddg[1]>』なるものが散見されるメールが届いたのです。怪しい所その1。
 内容は、『自動処理の途中、あなたから受け取った情報で処理を行えませんでした。以下のリンクをクリックして再度情報を入力してください。入力が無い場合、あなたのアカウントが無効になります』
『やべ、クレジットカード使いすぎたかな』と反射的に指定されたリンクをクリック。そこで怪しいところその2を発見しました。リダイレクトされ、IPアドレスむき出しのページへ飛ばされたのです。
 WWWのスペシャリストの、業務用のURLがIPむき出しですよ?

 社内向けデータ置き場のサーバにつながったかと思い、のぞき根性でルートディレクトリへ上がってみました。
 真っ白(笑)
『Access Forbidden』とさえ表示されません。

 ここまででほぼ詐欺だと確信しました。念のため、本物のアカウント管理ページに行って次のプロバイダ料金請求日を確認。1月24日となっていました。
 請求日でもないのに手続きが行われるはずもありません。

 よってこのメールは無視する事に決定。もし本物だったなら、24日に本物のトラブル報告メールが来るでしょう。

 実は以前、似たような内容の本物が来た事がありました。
 その時は、『アカウント管理ページにログインし、支払い方法を更新してください』と指定されていました。

 今気付いた事ですが、今回のメールのto欄には、私の名前ではなく、IDそのものが入っていました。
 プロバイダなら私の本名のフルネームも知ってるはずですし、事実今までの『本物』にはきちんと本名が入っていました。

 皆様もご注意くださいませー。

|

« 近くしか見れない | トップページ | 危機管理 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

繋がっているうちにIPアドレスのnslookupしておかなきゃもったいないよー(ぉ
今は繋がらんですが韓国のプロバイダあたりをうろうろしてました。
メールに張り付いてたアドレス、もしかしてIEのセキュリティホール使ってませぬか? URLがなんかそれっぽいのですけど。

投稿: くらこむ | 2004年1月21日 (水) 01:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 近くしか見れない | トップページ | 危機管理 »