« 一周忌 | トップページ | ペルシャン・キャット、復活か »

火星探査ローバーズ、土曜朝までに行動開始

JPLリリース

 スピリット号とOpportunity号のローバー2台が土曜朝にも探査を再開/開始するらしいです。

 先日着陸に成功したOpportunity号(ちなみに、無理矢理仮名発音すると『おぽてゅにてぃ』の方が正確)が、一両日中に火星に上陸を果たす見込みとか。時刻は、JPL本部がある北米西海岸時間で午前3時から4時の間と見られています。
 てミッション中に徹夜なのは日本だけじゃないんですね(爆)

 スピリット号も、岩石の組成分析データの送信を再開しているようです。
 今調べている岩は、火成岩の特徴を持っているとか。その後、その岩の内部の分析や、隕石落下時に飛び散った岩石の探査などが予定されています。

 また、スピリット号のフラッシュメモリリストア作業も続いています。最終的には、メモリ内の火星着陸前に書き込まれたデータの多くを削除する事になりそうです。

 火星の反対側に着陸したOpportunity号は、今週中にローバーを8m北西まで移動する予定です。
 Opportunityが着陸したのは、幅22m、深さ3mのクレーターの傍ら。マストの上のステレオカメラで、クレーターの中と外を探査するための3Dモデルの作成が予定されています。これは、地球外のクレーターをその内側からマッピングする最初のケースです。

 はしょったつもりなのに今日最大の投稿になってしまいました。

|

« 一周忌 | トップページ | ペルシャン・キャット、復活か »

宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一周忌 | トップページ | ペルシャン・キャット、復活か »